事業撤退の事例シナリオ

新規事業撤退については、SEEDATAでもよく相談を受けてアドバイスもおこないます。

なかでも事業撤退のシナリオをしっかり準備しておく必要があるのは、通常の業務から発生した新規事業ではなく、コンテストをおこなうなど、ある程度目立つ形で公募してできた新規事業の場合です。

そこで今回は公募型の新規事業撤退の場合の事例について解説しますので、シナリオ作りの参考にしてください。

事業撤退のシナリオに必要な2つの観点

ある百貨店が以下のような2Cの新規事業をおこなったと仮定しましょう。

【事業内容】

C2Cで手芸のレシピを作っている人をポータルに集め、レシピを見たい人たちとユーザー間でやりとりができるサービス。

広告メディアとしてビジネスモデルを成立させたり、そこから商品開発などのアドバイスフィーをとろうというのはよくあるマッチングプラットフォームのケースです。

事業撤退のシナリオを持つ際に重要なのは、

・ビジネスモデルの観点

・顧客価値の観点

という2つです。

以前も解説しましたが、新規事業におけるピボットとは、ビジネスモデルを変えることであり、提供価値を変えてしまえばそれはもう別の事業なのでピボットではなく、撤退すべきなのです。

たとえば、ニッチな手芸レシピというジャンルの場合、「日々の手芸から自分が考えたり出てきたノウハウなどを発表して人と交流する場が少ないため、交流の場が必要」というのが顧客価値です。

一方ビジネスモデルは、その情報を見たい人がたくさんいれば、コメントなどのやりとりが盛んになりPVも上がるため、ニッチビジネスの広告メディアとして成立させるというようなものです。

ビジネスモデルは広告モデルがダメなら、手芸レシピを売るマーケットプレイス、もしくはできた作品を売るのもよいでしょう。顧客価値の「交流の場」が満たされていれば、極端な話、ビジネスモデルはなんでもよいのです。

たとえば、広告モデルで考えていた場合、広告ビジネスとしては一般論としてPVが大事です。

仮に1年後、価値は変えず、広告モデルとレシピを売るという2つのビジネスモデルを試したがどちらもうまくいかなかったとしましょう。

ユーザーは5000人ほどで、レシピを載せてくれる人はいたが、活発なやりとりはあまり発生しなかった。つまり、「交流の場」を価値としたが、交流は生まれず、一方通行のやりとりとなり、意外と手芸レシピを買うレベルの交流まで現れなかった。この場合、提供価値が実現できなかったので、残念ながら撤退基準に抵触しているというのが我々の考え方です。

具体的な事業撤退シナリオ

では、このような場合の撤退シナリオをみていきましょう。

基本的に大企業の場合、事業清算・譲渡することになりますが、事業をおこなっている人も一緒に手放してしまうと人材流出につながってしまうという問題があります。

当然人がつかなければ事業価値は下がりますが、事業を最大価格で売ろうというのは一般的なM&Aの考え方であり、大企業の場合は最大価格を目指す必要はありません。

譲渡先を探す場合、必ず「人材も一緒に来てほしい」と言われますが、これまで事業をおこなってきた人材にはノウハウが溜まっているため、その貴重な人材流出は絶対に避けるべきです。

そのため、大企業内で事業譲渡をする場合はできるだけ人材は残すというシナリオを描きましょう。たとえば3カ月なり6カ月なり、一定期間引継ぎしたうえで、サイトにいるユーザーとシステムだけを譲渡する。子会社がおこなっていた場合、事業譲渡すると同時に子会社も清算するのがセオリーです。

逆に、事業撤退のシナリオとしてよくないのは、せっかく作ったのだからなるべく赤字にしたくないからと、高く売ろうとすることです。大企業においては、新規事業を成功させたいという気持ちよりも、イノベーションや挑戦する風土という、文化や人材教育の考え方を優先しましょう。

人材なしで譲渡すれば安くなるのは当然ですが、事業をいきなり潰さず、存続させるというアクションを会社側がとることがポイントです。このようなシナリオを描けるかどうかが、その後新規事業にチャレンジする人の気持ちや、事業を手放して社内の別部署に移らなければならない人のモチベーションにも大きく影響してきます。

では、どんな企業に事業承継すればよいのでしょうか。

答えはすごくシンプルで、自社のビジネスに足りなかった部分を補ってくれる企業です。

たとえば、先ほどの事例の場合、すでに広告メディアとして成り立っている企業であれば、価値を感じてくれる可能性があります。

当然人がついていないため高くは売れませんが、事業承継の可能性のありそうな企業を探すことはできます。不安な場合はSEEDATAにお問合せいただければ、適切な企業を一緒に探すこともできますし、場合によってはわれわれが引き継ぐことも可能です。

このように、事業撤退の場合、高い値段で売ろうと考えないことが大切ですが、かといってやけくそになっていきなり潰さないというシナリオをしっかり描くことが、今後のその会社の新規事業の風土としてとても重要です。

失敗しない新規事業部の立ち上げ方(ホッキョクグマ)

新規事業を立ち上げの際に担当者が陥りがちな失敗を項目ごとに解説(全25ページ・493KB)

宮井 弘之
Written by
宮井 弘之(Miyai Hiroyuki)
SEEDATA代表