エスノグラフィー(ethnography)

  • エスノグラフィーとデプスインタビューの違い

    質的調査のアプローチの中で、新規商品やサービスを考える際に企業で最もよく用いられるのがデプスインタビューだと思います。ご存知の方や、実際にビジネスで活用されたことのある方もいらっしゃると思いますが、インタビュアーが対象者の深層心理を探り、ニ...
    SEEDATA
    Written by
    SEEDATA
  • 質的調査、量的調査のメリット・デメリット

    生活者のリサーチを行う際に、よく耳にするのが質的調査(定性調査)と量的調査(定量調査)という二つのアプローチです。今回はこの二つのリサーチの違い、メリット・デメリットについてお話しします。 質的調査(定性調査)と量的調査(...
    大川将
    Written by
    大川将 (Okawa)
    チーフアナリスト
  • エスノグラフィーとフィールドワークの違い

    近年、ビジネスにおいても耳にすることが増えてきた「エスノグラフィー」ですが、フィールドワークとの違いについて、はっきりと説明できない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。 フィールドワークとは フィールドワークは社会学で...
    SEEDATA
    Written by
    SEEDATA
  • デザインシンキングとエスノグラフィー①

    今回はSEEDATAのチーフアナリストであり、KMD(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科)の奥出直人教授のゼミでデザイン思考について学んだ岸田氏に、奥出教授の提唱するメンタルモデルを抽出する方法についてお伺いしました。 日本にお...
    SEEDATA
    Written by
    SEEDATA
  • デザインシンキングとエスノグラフィー②

    前回は 奥出直人教授のエスノグラフィーの特徴であるメンタルモデルの抽出する方法をご紹介しましたが、今回はそのメンタルモデルを取り出すための分析法をご紹介します。 thick descriptionの作り方 まず、現場メモ...
    SEEDATA
    Written by
    SEEDATA
  • エスノグラフィーとは?

    エスノグラフィー(ethnography)とは、文化人類学や社会学における、異文化や他者の世界を、数字ではなく、観察やインタビューといった質的データを用いて理解するための方法論です。 近年、ビジネスやマーケティングの中で、課題解決、もしくは...
    大川将
    Written by
    大川将 (Okawa)
    チーフアナリスト
  • エスノグラフィーの歴史

    エスノグラフィーは、英語でethno(民族)、graphy(記述したもの)の2つの単語からできた言葉です。 民族、という言葉からも分かるように、エスノグラフィーの歴史は古く、もともと西洋の社会科学から生まれた言葉で、植民地時代、ヨーロ...
    大川将
    Written by
    大川将 (Okawa)
    チーフアナリスト