少子化が続く中でのビジネスチャンスーー子どもの早期教育に取り組む「早育ママ」とは?

「新しい働き方」についての情報を発信するメディア「Business Nomad Journal」にて、SEEDATAチーフアナリスト・林直也が取材を受けました。

取材テーマは「早育ママ」。SEEDATAが子どもの早期教育に取り組む母親をリサーチしたトライブです。トライブレポートの内容を簡易的に紹介してもらっています。下記リンクよりご一読ください。

【未来の市場調査】「早育ママ」―有効な教育法だけでなく、「ママ同士の関係性」にもビジネスチャンス | ノマドジャーナル
歯止めがきかない少子化の中で、子育てに関わる市場はどのように変化していくのか―。かつてステレオタイプに語られていた「教育ママ」の実像は今、驚くべき形で進化を遂げつつあります。0歳児からの英才教育はもとより、中には子どもが胎内にいるときから動き出しているという人も。 将来のトレンドにつながる先進的な消費者グループ「トライ...

 

Business Nomad Journalには、他にもトライブの紹介記事が何本か掲載されています。

【未来の市場調査】「フィンテッカー」―フィンテックは、これからの消費活動をどのように変えていくのか | ノマドジャーナル
日常の買い物はスマートフォンで決済し、クレジットカードやキャッシュカードの情報をアプリに取り込んで家計簿管理を行う。投資アプリやツールを用いて利益を得る。そんな「フィンテック」(金融「Finance」と技術「Technology」を組み合わせた造語)に支えられ、ほとんど現金のやり取りをすることなく暮らす人が増えている。...
【未来の市場調査】「ドクターシューマー」―注目を集める完全食。"多忙族"と"健康オタク"が、ヘルスケア市場を変える | ノマドジャーナル
QOL(Quality of Life)という言葉が広く一般化し、企業経営においても従業員の健康に対する配慮が強く求められる時代。ヘルスケア市場は堅調に拡大を続け、従来のサプリメントに加えて、1食分の栄養価をすべて補える「完全栄養食品」への需要も高まっている。 将来のトレンドにつながる先進的な消費者グループ「トライブ」...
【早期教育の市場分析】超早期教育する親、「早育ママ」の考え方を知り、拡大市場の新規事業アイデアへ | ノマドジャーナル
少子化社会が、親の意識を変えました。小学校からでも、幼稚園からでもなく、「生まれる前から」子どもへの英才教育プログラムを検討し始める時代。早期教育のニーズに応えるための市場が拡大し続けています。 こうした動向を踏まえ、株式会社サーキュレーション と株式会社SEEDATA (博報堂DYグループ)は、共催セミナー「早期教育...
【ヘルスケアの市場分析】「完全食」「昆虫食」そして「排泄物チェック」まで―ヘルスケア市場の新潮流を探り、事業アイデアを生み出す | ノマドジャーナル
健康意識の高まりは、消費行動にどのような影響を及ぼすのか―。「完全食」など、注目を集めるプロダクトが次々と登場するヘルスケア市場の動向を分析し、新規事業のタネを探すセミナー「ヘルスケア消費の動向予測 〜完全食ユーザー "ドクター・シューマー"の動向分析から〜」が開催されました。 本セミナーは、株式会社サーキュレーション...

 

SEEDATAでは、イノベーターたちが集うオンラインサロン「イノベーターズ・ジャーニー」を運営しています。ご興味のある方は下記のリンクから詳細をチェックしてみてください。

博報堂DYグループ内シンクタンクによる企画塾イノベーターズ・ジャーニー

SEEDATA
Written by
SEEDATA