日本におけるオープンイノベーションの課題

近年「オープンイノベーション」という言葉を良く耳にするがどういう事なのかわからない、または、自社でオープンイノベーションを実行したいが、具体的に何をすればいいのかわからないといいうお悩みをよく耳にします。

今回はそもそもイノベーションとは何か、オープンイノベーションの成功事例、日本におけるオープンイノベーションの課題と展望について、株式会社SEEDATA代表の宮井弘之氏にお話をうかがいました。

日本国内のオープンイノベーションの最新事例をよく知るSEEDATAの代表として、日本のオープンイノベーションの現状はどのように見ているのでしょうか。

技術主体のイノベーションから、より包括的なイノベーションへ

-そもそもの質問になってしまうのですが、最近良く耳にする「イノベーション」とはどういう事なのでしょうか?

宮井(以下:宮)「イノベーションとは狭義の意味では、革新的な技術の登場のことと私は考えています。例えば、どうしても手ぶれを抑えられない状況下から、どんな状況でも手ぶれを起こさないものが登場してくるといった、技術的な革新をもって今まで不可能だった事が可能になる、こういったものをイノベーションといっていたわけなんですね。

でも最近のイノベーションとは、より広く、技術のみではなく、ものの見方など、意味の発見によってそれを達成するものへと成り代わってきています。

また、オープンイノベーションというのは、自分の会社の技術の公開をしたのちに、その情報を見た別の会社が「自社にはこういう技術があるので、こういった事ができる」といってコラボレーションを起こす、いわゆる技術ベースのマッチングというのが主流だったという事を抑えておく必要があります。

これはもともと米国発信で、日本においては2015年頃がオープンイノベーション元年でした。その年にはgoogleで突然オープンイノベーションというキーワードの検索が跳ね上がったりしました。

そこから、最近は技術だけでなく、ゼロワンブースターさんが行っている様な、いわゆるコーポレートアクセラレーターのようなオープンイノベーションのやり方が勃興してきました。

具体的には技術に限らず、資金・営業網といったリソースを組み合わせながら、ベンチャー企業の理想を実現すべく大企業がリソースを提供するといった様な形になってきたといえます。

この新しい形のオープンイノベーションは2016年、2017年に一気に日本に浸透しました。

つまり、オープンイノベーションもまたイノベーションと同じく、技術に限らず、ビジネス創出の基盤を社内外に広く求めていくという流れになっています」

-オープンイノベーションと聞くと、海外の人たちが得意そうなイメージがありますが、日本と海外を比べると実際に違いはあるのでしょうか?

「文化の違いはあると思います。米国の場合、もともとオープンな文化であるという事も相まって、イノベーションの普及と同様にオープンイノベーションもどんどん実践してきました。一方日本はというと、自分の経験からなのですが、技術の話をした時には必ずIPなどのいわゆる著作権や特許といった話が出てくるわけなんですね。新技術はまず特許に落とし込む。

そういった文化の中で、「自社の技術をオープンにしよう」なんてまぁ難しくて。例えばSEEDATAが研究所同士を引き合わせただけだと、様子見のままなかなか先に進まない。こういう事例もあるとおり、日本は技術ベースのオープンイノベーションはとても苦手だったといえます」

日本は人材や営業網主体のオープンイノベーションの方が得意

-では最近主流になってきている、より広いイノベーションに関してはどうですか?

 

「日本はそれが得意なんですね。広い意味でのオープンイノベーションはうまくいっているんです。人材の情報や営業網などから公開していくというやりかたは、イノベーションの最初の一歩を踏み出す上で非常に日本に合っているのではないかなと感じています。

人材のリソースなどの公開のみで、肝心の技術の部分までは詳細に全ての情報を公開しなくても良いので、日本に馴染みやすかったのではないでしょうか。

具体的には、例えば人材の話として、こんな研究者がいます、こんな技術者がいます。という情報を公開したりしていますね。最初は情報を広く公開し、提携した後で技術の詳しい掛け算を行うという。技術だけに焦点を当てちゃうと、提携するという最初の一歩が踏み出せない、一方で、新型のイノベーションは日本特有の問題をうまくカバーできているやり方なんでしょうね」

-新型のイノベーションでも最終的には技術の提携が起きると?

「そうですね、MDAを結んで、かつ資本提携したのちに。技術の掛け算が起こる。いわゆる結婚したような状態なので、そりゃあなんでも見せちゃいますよね」

-わかりやすい例えです、身内になるということですね。

「日本は、入り口として旧イノベーション(技術主体のイノベーション)よりも現代のイノベーション(人材/営業網など主体のイノベーション)の方が得意な傾向にある、と言えるのではないでしょうか。こういう流れもあって、最近は大手とスタートアップが組んで新規事業を行うといった事が出てきましたよね」

-つまり、ある程度日本にとってやりやすいような形は見えてきている、というわけですね。

宮「そう。でも、もう最近は一巡してしまったと感じています。意識の高い企業はもう昨年度に一通りコーポレートアクセラレータープログラムは行ってしまった。

つまり、自社のリソースとのマッチングのフェーズまではもう漕ぎ付けることができているんですね。でも、そこから具体的にどうやっていくのかという部分はまだ完成しきっていない、マッチングの後うまくいっているところ、いないところが出てきているところが、今後の問題点としてあげられるのではないでしょうか。

先ほどの結婚話に例えると、お見合いまではいったけどそこから足並み揃えてやっていくところがまだで、結婚までこぎつけられない、みたいなイメージです」

大切なのはマッチングのその先

-では、マッチングの後にどのようにやりくりをするべきなんでしょうか?

「『結び目』を見つける事だと思います。リソース同士を組み合わせる連結部分を「結び目」という風に呼んでいるんですが、つまり、広く情報を公開してみたところ、いろいろな可能性が見えてきてしまい、どこで「結び目」を作ったら良いのかがぼやけてしまったんです。

たしかに難しいところではあって、日本において、技術だけ差し出すマッチングでは「結び目」は作りやすいけど、そもそもマッチングがあまり起こらない。一方で、広くリソースを公開するやり方は「結び目」がわかりにくくなるが、マッチングは起こりやすい」

-「結び目がわかりにくくなる」というのは具体的にはどういった事なんでしょう?

「企業同士のやりたい事がズレる、という事などがおもにあげられると思います。なぜそういったことが起こるのか。例えば、大企業とベンチャー企業の文化ギャップによっても簡単にズレが生じてしまう事があります。

文化ギャップというのは、第三者の目線でないとわからないもので、結び目に関してお互いのズレをwinwinになるように調節してくれる役の人が必要なのかもしれないですね。SEEDATAはこのあたりの仲人的な動きに注力することもあります。

また、スピード感の問題もあります。最初の段階、計画の段階だと大手企業はそんなにスピード感を持って進める事ができないため、スピード感のあるベンチャーとかみ合わなくなってしまう。

とくに計画の段階からせーので始めるとどうしてもこういった問題が起こってしまうんです」

-どうしたら「結び目」をうまく見つける事ができるのでしょうか?SEEDATAが企業同士を結びつける上で実践している事はありますか?

 

「大企業の機が熟すのを待って、ベンチャーと合わせるというやり方が良いと思っています。ある程度大企業がスピード感を持った時にベンチャーと引きあわせるといったイメージです。

大企業は、検討の段階ではとても時間がかかってしまう。ここを助走段階として、SEEDATAが伴走する。そしてある程度スピードに乗ってきたらスタートアップの提案を入れる。

何かコラボを起こすという事が目標なので、「やるぞ」となるちょうどいいタイミングで紹介する。まさに「渡りに船」になれるじゃないですか」

大切なのは、タイミングとお互いのスピード感

-スピード感に関して、お互いはその事に気付いているのでしょうか?

「ここが意外とわかっていない場合が多いですね。経験上、大企業は計画が明確に決まっていないフェーズにおいてはスピードが落ちてしまう。しかし、いざ、やりましょうという実行のフェーズに入ると、とても早い。

おまけに大企業はスタートアップと組む体験は初めてだから、今自分がスピードに乗っているのか乗っていないのか、自分で気づく事は難しいし、そもそも自社で自社の事をわかるのは非常に難しいことでもあるんです。

なのでスピードアップする瞬間を、第三者が見極めてあげる必要があるのではないでしょうか。仲人として伴走し、タイミングを見計らって仕掛ける事が求められているわけなんです。これもまた結婚相談所みたいですよね」

-マッチングだけではなく、その先が重要なんですね。

 

「はい、マッチングが目的のプラットフォームを提供しているだけでは、本当の意味では足りない。マッチングに対する企業のフットワークはもうすでに軽くなっているので簡単だけれども、そこから先こそが本当に難しい、だからこそ実行のタイミングまでしっかりと支える事が大切なんですよね。

現に、失敗するのはタイミングの問題だったということが多いんです。マッチングに関しては今のままで良いけれど、「結び目」の作り方をどうするのかを、今後はしっかり考えていこうということです」

-マッチングの先の伴走というスキルを持った仲人の登場が今後重要になってくるという事なんですね。たとえば日本で成功している事例はありますか?

「たとえばある大手の製菓メーカーと健康系のスタートアップのコラボレーションにおいては、品質管理の部分で「結び目」を作りました。

その他の大手企業とベンチャーの結び目のヒントとしては、営業網を提供することなどがあります。大きな意味での信用力を提供するといった形でしょうか」

-大企業とベンチャー企業の「結び目」を見つけ出してきた経験を元に伺いしたいのですが、大企業にとってのベンチャーの失敗は信用のダウンになる可能性もありえます。大企業がベンチャーと組む時に特に気をつけるべき点はありますか?

「もちろん、大企業は慎重に組む相手を選ぶ必要がありますね。まず見るべきところは社長の経歴、人間性です。会社自体に関しては、よく知らない人が株主に入っていないかをちゃんと確認するべきだし、会社をチームでやっているかどうかも重要です。

というのも、1人の場合は途中でドロップアウトする可能性があるし、病気になった時に替えが効かない場合もある。

また、チームで運営ができている場合はリーダーに求心力があるとも解釈できます。実際にSDVでは、起業家予備軍の人のアイディアを実現してもらうのですが、そういう時にも上記の点には気を配ってます。

結局、人を巻き込めるかどうかが大切だから、人が呼べない人はお客さんも呼べない。仲間が呼べるということは、サービスが面白いからともとる事ができますしね。

「起業」という観点で切ると、二人以上は人がいた方がいいでですね。」

-ベンチャーのやりたい事がしっかり決まっている場合とそうでない場合どっちの方がより好ましいのでしょうか?

「一概にこれとは言えませんが、大手企業側が「これをしたい」という部分をしっかり決まっている場合と、決まっていない場合でも組むべきベンチャーは違っていると思います。M&Aに近い感じや出資だけで、営業網と結びつけるのであれば、ある程度、ベンチャーがガチガチにやりたい事を持っている場合がいいのではないでしょうか」(了)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

SEEDATAでは、独自に定義した先進的な消費者群(=トライブ)のリサーチを通じて、企業のイノベーション支援を行っています。

新商品・新サービス開発、新規事業のご相談はinfo@seedata.jpまで、件名に『イノベーション支援について』、御社名、ご担当者名をご記名いただき、お気軽にお問合せください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【関連記事】

SEEDATAがエスノグラフィーでジョブを見つけだせるのは、トライブリサーチによるインサイトの蓄積があるから【前編】
SEEDATAエスノグラフィーではインサイトとジョブが重要であるということを当Blog内の記事で解説してきました。しかし「なぜSEEDATAはエスノグラフィーでジョブを見つけることができるのか」ということを考えるためには、そもそもSEEDA...
トライブの価値観が次のイノベーションのもとになる【後編】
前回はSEEDATA代表の宮井氏に、トライブができた経緯と、インサイトだけでは商品の具体的機能や仕様を考えるには限界がある、というお話をうかがいました。そして、トライブリサーチでのインサイトの蓄積があるからこそ、エスノグラフィーでは行動にフ...
SEEDATAイノベーション支援の事例紹介
イノベーションという言葉がすっかり浸透し、ビジネスにおけるその必要性が叫ばれていますが、実際にどのようにイノベーションをすればいいのか悩んでいる方は多いのではないでしょうか。世の中に数あるイノベーション事例を目にしても、自社の技術やリソ...
宮井 弘之
Written by
宮井 弘之(Miyai Hiroyuki)
SEEDATA 代表