Archives

  • 【トライブレポート紹介⑥】スポーツ系新規事業、新商品・新サービス開発のヒント(スポ・シューマー)

    はじめに~トライブレポートとは SEEDATAは今後増えていくであろう考え方や行動を示している先進的な消費者グループ=「トライブ」を独自のリサーチによって発見、定義し、調査した結果をレポートにまとめています。 トライブ・リサーチから...
    宮井 弘之
    Written by
    宮井 弘之 (Miyai Hiroyuki)
    SEEDATA 代表
  • 【トライブレポート紹介⑤】シニア領域における新規事業・ビジネスアイデアのヒント(シニアウオリア)

    はじめに~トライブレポートとは SEEDATAは今後増えていくであろう考え方や行動を示している先進的な消費者グループ=「トライブ」を独自のリサーチによって発見、定義し、調査した結果をレポートにまとめています。 トライブ・リサーチから...
    宮井 弘之
    Written by
    宮井 弘之 (Miyai Hiroyuki)
    SEEDATA 代表
  • 【トライブレポート紹介④】ヘルスケア系新規事業のアイデアのヒント(ドクターシューマー)

    はじめに~トライブレポートとは SEEDATAは今後増えていくであろう考え方や行動を示している先進的な消費者グループ=「トライブ」を独自のリサーチによって発見、定義し、調査した結果をレポートにまとめています。 トライブ・リサーチから得られ...
    宮井 弘之
    Written by
    宮井 弘之 (Miyai Hiroyuki)
    SEEDATA 代表
  • 【IDL&SEEDATA対談③】「未来の当たり前」を作るためにはプロダクトアウトでありユーザーインな「強い仮説」が

    近年、イノベーションに対しての機運が高まっているものの、世の中の生活者が何を求めているのか、生活者に対して何を提供すればよいのかがわからないといった声を多く聞きます。 この連載では、株式会社インフォバーン内でデザインチームIDLを立ち上げ...
    SEEDATA
    Written by
    SEEDATA
  • 日本企業が海外進出を考える際の情報収集方法

    SEEDATAASIAは、アジア市場における企業のイノベーション支援に特化したサービスです。 今まで我々SEEDATAが日本国内で培った約50にもおよぶトライブリサーチの知見を活用したサービスで、アジアの旬な生活者(=トライブ)の調査を行...
    林直也
    Written by
    林直也 (Hayashi Naoya)
    アナリスト
  • 【IDL&SEEDATA対談②】持続的イノベーションに必要な「リフレーミング」の役割とは

    近年、イノベーションに対しての機運が高まっているものの、世の中の生活者が何を求めているのか、生活者に対して何を提供すればよいのかがわからないといった声を多く聞きます。 この連載では、株式会社インフォバーン内でデザインチームIDLを立ち上げ...
    SEEDATA
    Written by
    SEEDATA
  • グループインタビューのメリット・デメリット

    ビジネスでよく用いられる質的調査方法の一つとして、グループインタビュー(フォーカスグループインタビュー)があります。 グループインタビューは、調査対象者(インフォーマント)を複数名(6-12名程度)集め、司会者がテーマについて質問をす...
    SEEDATA
    Written by
    SEEDATA
  • グループインタビューのメリット・デメリットを解説

    グループインタビューとは ビジネスでよく用いられる質的調査方法の一つとして、グループインタビュー(フォーカスグループインタビュー)があります。 グループインタビューは、調査対象者(インフォーマント)を複数名(6-12名程度)集め、司会者が...
    大川将
    Written by
    大川将 (Okawa)
    チーフアナリスト
  • 【コラム】『文化を書く』以降に施行されたエスノグラフィー具体的事例

    本記事では、『文化を書く』以降、問題意識に基づいて試行された様々なエスノグラフィーの具体的事例を紹介します。*『文化を書く』の問題意識については【コラム】『文化を書く』から読み解くエスノグラフィーに対する批判とは?を参照してください。 一個...
    大川将
    Written by
    大川将 (Okawa)
    チーフアナリスト
  • 【IDL&SEEDATA対談①】消費者に新たな価値を提供するための両組織のアプローチとは

    近年、イノベーションに対しての機運が高まっているものの、世の中の生活者が何を求めているのか、生活者に対して何を提供すればよいのかがわからないといった声を多く聞きます。 この連載では、株式会社インフォバーン内でデザインチームIDLを立ち上げ...
    SEEDATA
    Written by
    SEEDATA