Makiko Kato
加藤槙子
アナリスト

加藤槙子(かとうまきこ)

一橋大学社会学部を卒業後、大手メーカーの商品企画職を経て、20年にSEEDATAへ入社。
前職では、暮らしや住まいの領域における既存商品の新規顧客開拓や、新規事業開発に従事。
現在は、生活者のインサイトや、社会の変化動向をもとにした商品開発・サービス開発を行う。

Makiko KATO’s Speciality is…

・生活者のインタビュー/行動観察に基づいた「ジョブ*」の発見
・働き方/家族/女性/ファンカルチャー/IoT
・SNSやメディアにおけるトレンドの収集/分析
*…あるシーンにおいて生活者が解決したい課題、叶えたい進歩のこと

Work Style Scope Vision

事業会社での業務経験から、社会や生活者に必要とされるサービス/商品を生み出すという使命感・やりがいを、クライアント様と共有することを活動指針に掲げています。
生活者のありたい暮らしを探り、代弁することを自身の特性としつつ、「麦わらの一味」のように志を共にしたチームとしてご一緒できれば幸いです。