Shunsuke Abe
阿部 俊介

阿部 俊介(あべしゅんすけ)

法政大学大学院デザイン工学研究科システムデザイン専攻卒。在学中は主に、実働モックアップ作成を前提とした、デザインとエンジニアリングを学ぶ。2019年には、自転車の施錠とヘルメットの着脱を連動させたプロダクトの開発にプロダクトデザイナーとして携わり、JAMES DYSON AWARD 2019にて国内最優秀賞を受賞。その他、数々の展示会への作品の出展・受賞経験あり。

2020年にSEEDATA参画。これまでに、飲料・電子機器・医薬品メーカーの新商品開発、鉄道会社の新サービス開発、車メーカーの未来洞察など、幅広い業界のクライアントとのプロジェクトを経験 。得意分野は、生活者起点の定性調査、新商品・新サービス開発、プロジェクトを推進するプロトタイプの設計。

Shunsuke ABE’s Speciality is…

  • 生活者起点の新サービス、新プロダクト開発
  • 定性調査に基づく生活者のインサイト抽出
  • デザインとエンジニアリングの視点を横断したアイデア発想
  • プロダクト開発初期段階のプロトタイピング支援

Work Style Scope Vision

製品デザインの経験を活かして、課題の抽出からアイデアの具体化まで一貫して携わらせて頂きます。生活者にとって本当に価値のあるものを提供出来るよう、クライアント様と二人三脚で進んでいければ幸いです。