Daisuke Goma
郷間 大資
アナリスト

郷間 大資(ごうまだいすけ)

91年生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。アドテクノロジー専門のネット広告企業の広告運用部門を経て、2017年SEEDATAへ参画。

主に、新商品・新規事業の開発支援に従事。ICT企業の新規事業開発から実装支援、アルコール飲料の商品開発、嗜好品企業の新商品UX設計、デザイン企業向け「環境」「購買」「労働」「休養」の未来洞察支援、IT企業ブランディングなど幅広い業界でプロジェクトを経験。過去にはシニア・ヘルスケアを中心とした消費者調査を行い、現状はエンターテイメント領域の消費者調査を実施、得意領域とする。現在は生活者発想でイノベーション支援を展開するSEEDATA(seedata.jp)にて、現役のビジネスデザイン・アクセラレーターとして活動。

得意分野は、事業成長戦略立案・消費者調査(定性・定量)・マーケティング/ブランド戦略立案。現在は、5000千万人以上のパネルデータを活用して企業の新商品支援・マーケティング支援を行うトライブ・マーケティングプロジェクトを推進する。

Daisuke GOMA’s Speciality is…

  • 新商品・新規事業の開発・実行・成長支援
  • 消費財全般のマーケティング戦略構築支援
  • 「購買行動」に関する未来洞察支援
  • シニア・ヘルスケア・エンターテイメント領域の調査・イノベーション支援

Work Style Scope Vision

新商品・新規事業の開発支援から実行/成長支援まで長い間お付き合いできるようなクライアントに出会えれば幸いです。実行・成長支援では実装だけでなくマーケティング戦略立案まで支援が可能です。