Minoru Moriya
守屋 実
非常勤取締役

守屋 実(もりやみのる)

69年生まれ。明治学院大学卒。92年株式会社ミスミ(現ミスミグループ本社)に入社。新市場開発室で、新規事業の開発に従事。メディカル、フード、オフィスの3分野への参入を提案後、自らは、メディカル事業の立上げに従事。2002年に新規事業の専門会社、株式会社エムアウトを、ミスミ創業オーナーの田口氏とともに創業、複数の事業の立上げおよび売却を実施。

10年に守屋実事務所を設立。設立前および設立間もないベンチャーを主な対象に、新規事業創出の専門家として活動。自ら、投資を実行、役員に就任、事業責任を負うスタイルを基本とする。守屋実事務所代表。

Minoru MORIYA’s Speciality is…

  • 守屋実事務所設立
  • ラクスル株式会社、ケアプロ株式会社の立上げに参画
  • 株式会社博報堂、株式会社SEEDATA(博報堂グループ)などの取締役、顧問、フェロー、理事
  • 株式会社リクルートホールディングス、JR東日本スタートアップ株式会社などのアドバイザー
  • 経産省、内閣府などの有識者委員

Work Style Scope Vision

シリアルイントレアントレプレーナシップの普及実践を通じ、より良い社会の実現に貢献します。ヒト・コト・カネの新規事業の生態系を構築し、縁・恩・運を大事にします。そのための予習と復習、記録は欠かせません。
※予習=(未来+自習)カレンダー、復習=(日次決算+週次決算)カレンダー、記録=起業の心得。