実証実験先行型の事業実装/ インフラ会社

アイデア発想〜事業実装までシームレスな事業開発支援

新規事業立ち上げから3年間経ち、上長は実証実験に早く取り組みたいと思っていましたが、現場はコンサルから提供されるマクロデータでは、何から手をつけて良いかわからず、実証実験に踏み込めない状況でした。

SEEDATAは、保有する生活者のデータを活用し、自社が着目すべき生活者の行動や価値観を両社の目線合わせを行い、アイデア発想を2ヶ月で終わらせました。その分、実証実験に時間を取り、事業案の発想後、詳細なサービスデザインを行うため、実証実験を実施。顧客にサービスが受容されるのかPcCを3ヶ月で検証。アーリーアダプターのペルソナを明らかにしました。

その後、ビジネスとして受容されるかPoBを検証するため、有料の実験を3ヶ月行なった上で、社長に上申するための詳細な事業計画書を作成。実験の様子と、お金が支払われているエビデンスをもとに作成した事業計画書によって、社長承認を早期に得ることができました。

Written by
SEEDATA(SEEDATA)